胡蝶蘭の植え替え方法について

Rosa chinensis

Last update:2014/9/18

胡蝶蘭の植え替え方法について

胡蝶蘭を植え替える時期は春から初夏(5月中旬-10月初旬)、または初秋がおすすめです。植え替えは胡蝶蘭にとっては大手術といっても過言ではありませんので、真夏や真冬などの暑さ寒さの厳しい時期は避けましょう。しかし、もし根腐れをしている場合は時期を問わずにすぐに行いましょう。 胡蝶蘭の植え替えの際に用意する物は素焼きの鉢、用土(水苔やバークなど)です。まず化粧鉢から抜いた株は、丁寧に腐った根や水苔を取り除きます。水苔はあらかじめ水を含ませておきます。鉢底は多湿になりやすいので、軽石をいれたり、空洞を作って根腐れを防止します。鉢の底に水苔を入れて少し固めておき、根の底の方に水苔をつめながら。根を団子のようにしていきます。これを鉢の中に入れ、隙間にもさらに濡らしてしぼった水苔をきつくつめていきます。この際、根をいためないように気をつけます。植え替え後1-2ヶ月は水はあまり頻繁にはやらず、10-15日に一度くらいのペースで水やりをします。

check

Last update:2015/5/13

Copyright(C) 2009 Rosa chinensis All rights reserved.