お祝いなどに胡蝶蘭が選ばれる理由

Rosa chinensis

Last update:2014/9/16

お祝いなどに胡蝶蘭が選ばれる理由

開店祝いや、開業祝い、引っ越し祝い等で利用されることが多い胡蝶蘭ですが、なぜお祝いには胡蝶蘭が定番なのでしょうか? 一番の理由は胡蝶蘭の花言葉にあります。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「幸せが訪れる」という縁起のいいものなのです。お花を贈った後、更にもっと幸福が舞い込んでくる事を願うという意味で、会社同士のお祝いや挨拶によく使われているのです。 また、胡蝶蘭は置いてあるだけでも優雅で豪華な印象を与え、お店や会社の印象がよくなります。入院中のお見舞いギフトとしては鉢植えは禁忌とされていますが、商売繁盛を願う場合には「根を下ろす」という意味からも鉢植えのギフトはとても縁起のいい物といえます。 胡蝶蘭は花粉の量も少なく、香りもほとんどないことから、飾る場所や環境を選びません。クリニックや飲食店など、花粉や香りが気になる場所へギフトとして贈る場合には、最適な贈り物といえます。また、定番のギフトであることからも、一年をとおして季節を選ばずいつでも鮮度のいいものを贈ることができるのも人気の理由です。

胡蝶蘭はお祝いの時によく利用される花

胡蝶蘭はお祝いの時に購入され、贈りものとしてよく利用される花として有名です。
例えば新規店舗のオープンや診療所のオープン、舞台公演のお祝い、新築のお祝い、芸術作品発表の展示会などによく贈られます。
切り花の場合はあまり日持ちがしませんが、鉢植えの場合は長い期間美しさを保つことが出来、花が散り終えた後も、管理が良ければ再び美しい花を咲かせることが出来ます。
胡蝶蘭は、町の花屋さんから注文をして配送してもらうことが可能ですが、ネットでも購入が可能です。
美しいカラー写真で掲載されているので、自分が購入する花を確認しながら注文することが出来ます。
部屋に居ながらゆっくりと時間をかけて花を選ぶことが出来るのが、ネット購入の魅力の1つです。
花の本数や大きさによって値段が異なるので、予算に合わせた鉢を探すといいでしょう。
胡蝶蘭は熱帯の植物なので寒さがとても苦手なため、基本的にカーテン越しの日当たりのよい室内で育てるか、温室で育てる必要があります。
開花時は最低温度でも15度をキープする必要があります。
水やりは表面の土が乾いたら、充分に水を与えます。
真冬時の場合は冷えた水を与えないように注意が必要です。
水やりは与えすぎても根腐れの原因となります。
また、湿度を好むので加湿をすると花の寿命が長くなります。
開花終了後は花茎を下から全部切り落とさずに、下から3,4節残して切ると、下の節から新しい花茎が出てくる場合があります。
花の数は少なくなりますが、また美しい花を愛でる楽しみがあります。

pickup

天王寺のiphone修理ショップ
http://castle-iphone.com/shop-tennoji/
ハイパーマーケティングホールディングス
http://www.h-camera.co.jp/group.html
加藤行俊
http://www.business-plus.net/interview/1507/817501.shtml
卒園記念品の作成
http://www.710kasa.jp/

Last update:2016/11/10

Copyright(C) 2009 Rosa chinensis All rights reserved.